DJDD's FANTASTIC TUBE SHOW

クソDDのライト音楽ヲタが"make my day"な曲を好き放題語る

シンフォニーは誰のもの【Symphony/Clean Bandit feat. Zara Larsson】(2017)

シンフォニーとはずばり「交響曲」。MVは、オーケストラのコンサートが始まる前のチューニング(音合わせ)のシーンから始まる。

大切な人を交通事故で亡くした人のストーリー。

サビではスウェーデンの若き歌姫ザラ・ラーソンのハイトーンが力強く響く。

DJDDはしばらく登場人物の男性二人を親子だと思っていて、お母さんはどこに行ったんだろう?などと思いながら見ていたから、途中からは個人的に衝撃の展開だった。

またクラシック界、特に指揮者業界で黒人というのはまだ極めて稀。

そういった意味で誤解を恐れずに言うと、黒人の指揮者とその同性のパートナーを描いた映像はかなりセンセーショナル。

MVのストーリーとしては、苦しい時を乗り越えて指揮者としてデビューすることが決まった主人公が、パートナーと喜びを分かち合ったのも束の間、本番の直前にパートナーを亡くしてしまう、といったところか。

まぁ正直、指揮棒の振り方はかなりぎこちないけれど。笑

最後に主人公が振り返ると涙を流すパートナーの姿が。

<私はただあなたのシンフォニーの一部になりたい>

はじめは主人公がパートナーの人生の一部になれていたのかを問いかける歌と思って聴いていた。

けれどラストシーンを見ると、主人公が紡ぐシンフォニーの一部に私もなれただろうか?と問う亡きパートナーのメッセージにも受け取れる。

あなたはどちらだと思いますか。

Symphony (feat. Zara Larsson)

Symphony (feat. Zara Larsson)

  • Clean Bandit
  • ダンス
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

You may also like...

fantastic-tube-show.hatenablog.jp

fantastic-tube-show.hatenablog.jp