DJDD's FANTASTIC TUBE SHOW

クソDDのライト音楽ヲタが"make my day"な曲を好き放題語る

ちょっと話そうよ【Talk/Khalid】(2019)

Khalid(カリード)は米ジョージア州出身のR&Bシンガー。

高校生のころからSoundCloudにて楽曲を発表して名を知られており、18歳のときにシングル『Location』(2016)でデビュー。

翌年ファーストアルバム『American Teen』を発表し、これにより2018年1月の第60回グラミー賞で5部門にノミネートされた。

そんな才能あふれる若者のセカンドアルバム『Free Sprit』(2019)のリードシングルがこちら。

オーセンティックなR&Bと現代的なサウンドの融合が印象的だが、英国の若手エレクトロポップ・デュオのDisclosureとの共同制作ということで納得。

タイトルは「少し話し合いたい」という意味を含むTalk。関係の踊り場にさしかかった恋人に対して、今後について一度ゆっくり話そうよと語りかける歌である。

とは言え温かいエレクトロサウンドに包まれた歌詞はポジティブに響く。真剣に相手に向き合っているからこそ、前向きにコミュニケーションをとりたいという思いが伝わるようだ。

SNSやテキストで会話のほとんど成立する現代においては なおさらTalkというタイトルが意味を持つのではなかろうか。

もちろん記録だけが全てではないが、この曲はBillboard Hot 100で最高3位を獲得している。

ラテン音楽の勢いが凄まじい今、アメリカでこういう詞をもつR&Bが売れるというのはなかなか良いものである。

Talk

Talk

  • カリード
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

You may also like...

fantastic-tube-show.hatenablog.jp