DJDD's FANTASTIC TUBE SHOW

クソDDのライト音楽ヲタが"make my day"な曲を好き放題語る

何度目の浮気【TOOTIMETOOTIMETOOTIME/The 1975】(2018)

英マンチェスター出身のオルタナティブバンドThe 1975(ナインティーン・センブンティファイブ)。

バンド名は幾度かの変遷を経て現在のものに落ち着いたが、これはアメリカの作家J.ケルアックの小説『オン・ザ・ロード』の末尾に記された<1 June, The 1975>からとられた。

2018年に発表した3枚目のアルバム『A Brief Inquiry into Online Relationships』(邦題は『ネット上の人間関係についての簡単な調査』)からのシングル。

互いに浮気を疑う男女の口喧嘩がメインテーマ。のっけから<君に嘘をつくこともある でも時々だ>と白状してしまっている。

two-timeというフレーズがある。二股をかけることを意味するスラングであり、タイトルにあるtoo timeと似た発音でシャレをきかせている。 

この他に<あの子に電話したのは1回だけだよ、いや2回かも>と”two times”も現れる。

The 1975が描く男性像は基本的に少しウジウジしている…というか割とダメなヤツが多く、この曲でもだんだん逆ギレしていく様が面白い。

<君もあいつにテキストを送ってるだろう 3回以上に決まってる>よって<僕は二股をかけたわけじゃない>という謎の理論が展開される。

最終的に互いがtoo time, too time, too time,...と早口でまくし立てる様がタイトルになっているのだろう。

しかしサウンド自体はのんびりしたエレクトロポップ。寝る前などにのんびり聴きたいタイプの楽曲である。 

余談だが、近年一部アナログファンの間でカセットテープがリバイバルブームとなっている。

この曲が収録されたアルバムはカセットテープでも発売され、2018年の英国におけるカセットテープの売上数No.1となった。

その数は約7,500本ということで、何とも愛おしい感情になる。

TOOTIMETOOTIMETOOTIME

TOOTIMETOOTIMETOOTIME

  • THE 1975
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

You may also like...

fantastic-tube-show.hatenablog.jp

fantastic-tube-show.hatenablog.jp

fantastic-tube-show.hatenablog.jp